君田自治区連合会

recommend : comment : trackback: link : profile : others : archives : category : 投稿カレンダー : 過去の記事
2018.6.14 第11回三次市北部三町文化交流会 君田で開催!

第11回三次市北部三町文化交流会

 

今年は君田で開催!

様々な演芸発表や作品展示が披露されます。

三町の各地域で日々練習を積み重ねて、

様々なイベントで披露されている団体が出演!

色々な演目に飽きることなく楽しめます。

 

演芸発表

 

午前の部 9:45〜

香淀せせらぎ会(作木 大正琴)

若竹会(君田 新舞踊)

弥生会作木教室(民謡)

友美会(作木 新舞踊)

フラウエンコール布野(コーラス)

ともや会(君田 日本舞踊)

庭谷会(布野 民謡)

 

午後の部 13:00〜

布野おんな太鼓(和太鼓)

すずらんの会(三和 銭太鼓)

みずな会(作木 新舞踊)

マギー百合子(手品ショー)

さくら組(君田 ソーラン)

カラオケせせらぎ会(君田)

Pu-sounds(布野 トランペット)

 

作品展示

 

陶遊

作木パッチワーク

 

 

たくさんの方のご来場をお待ちしております!

 

 

開催日:平成30年7月1日(日)

場 所:君田生涯学習センター

 

主催:三次市文化連盟北部三町文化交流会実行委員会

後援:三次市教育委員会/三次市布野支所/三次市文化連盟

問い合わせ先:布野町まちづくり連合会

       (布野生涯学習センター)

      TEL:0824-54-2119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

By 事務局




2018.6.13 君田町櫃田ホタル見まつり開催決定!

        2018年度

 

櫃田ホタル見まつり開催

 

 

毎年恒例の君田町櫃田で行われるホタル見まつりが

今年も開催されます!

自然豊かで水が綺麗な君田町は既にホタルが灯りを

ともしています。

櫃田ではより多くのホタルを見ることができます。

 

 

また、地元の方によるバザーやイベントなどもあり、

毎年賑わっています。

 

午後7時30分頃からは灯籠に火が灯され、

さらに神秘的は雰囲気に包まれます。

季節限定の自然の神秘を体験してください。

 

 

 

開催日:6月23日(土) バザー開始午後6時

場 所:櫃田沖の原ふれあい農園

 

お問い合わせ

櫃田ホタル見実行委員会

TEL:0824-53-2643

 

 

 

 

 

たくさんの方のご来場をお待ちしております!

 

 

 

 

 

By 事務局




2018.6.12 7月森の散歩道〜新緑〜

   森の散歩道

 

新緑の薫山頂

 

癒しの散歩道で森林浴をしながら植物観察をしたり、

小鳥のさえずりに耳を傾けたりして山頂を目指します。

中国山地の山並みに囲まれた山頂では散策や、

自然の恵みを頂いてクラフト作りを楽しんだりして

緑豊かな君田の里山で癒しのひと時を過ぎしましょう。

 

 

 

日時:2018年7月1日(日) 9:30〜15:00

集合場所:君田温泉「森の泉」21番館前

参加費:1,000円

持ち物:飲み物、敷物、弁当、雨具、

    運動が出来る服装

申込み:お問い合わせ

    君田温泉  TEL:0824-53-7021

          FAX:0824-53-2119

申込〆切:6月25日(月)

希望者の方はお弁当850円(お茶付)をご用意できます。

申込みの際にその旨をお伝えください。

(キャンセルは2日前まで)

 

 

 

主催:神之瀬峡森林環境インストラクター協会

共催:君田温泉森の泉

   君田おこしネットワーク協議会

   君田自治区連合会

 

 

 

 

 

 

 

By 事務局




2018.6.5 6月がスタートしました

 

6月に入って梅雨前線が近づいてきました。

日本では6月は「水無月」といいますが、

その由来をご存じですか?

水無月の由来には諸説ありますが、

水無月の「無」は「の」という意味の

連体助詞「な」で「水の月」であるとする説が

有力なんだそうです。

 

田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月

「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」

であるとする説もあるんだとか。

文字通り、梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であると

解釈されることもあるそうですが、これは俗説だそうです。

他に、田植という大仕事を仕終えた月

「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説なども。

こう見ると色々な説と呼び名があるんですね。

 

6月は唯一祝日のない月ですね。

これは皇室由来の節目の日もなく、庶民の生活も農繁期で

ハレの行事がなかった点が影響しているんだそうです。

よくカレンダー見てみれば祝日がありませんよね。

しかし1993年の6月9日は皇太子徳仁親王の結婚の儀として

休日となったそうです。

 

各月に異名がありますが、

6月の異名をちょっとご紹介します。

いすずくれづき(弥涼暮月)、えんよう(炎陽)、

すいげつ(水月)、すずくれづき(涼暮月)、

せみのはつき(蝉羽月)、ばんげつ(晩月)

たなしづき(田無月)、とこなつづき(常夏月)、

なるかみづき(鳴神月)などなど

お手紙の挨拶に使うといつもと違った雰囲気になります。

他にも異名があるので調べてみると面白い発見が

あるかもしれませんね。

 




2018.5.23 6月展示のお知らせ

  6月展示

 

〜写快人集団 写真展〜

 

一枚一枚こだわって撮られた写真です。

ステキな風景や物など写真は様々。

個人個人で撮るものが違っていて、

観ていてとても楽しい作品展です。

 

一枚の写真でも見るポイントによって

見え方も変わってきます。

一度だけでなく何度も見てみると

より作品を楽しめます。

 

 

 

開催期間:6月9日(土)〜6月29日(金)

開催場所:君田生涯学習センター 玄関ホール

 

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

By 事務局




1/20 >>